お子さんに合うのはどんな塾?選び方のポイント紹介します!

どこも同じだと思っていませんか?塾によって違いがあるんです!

お子さんを塾に行かせようと考えた時、どのような基準で塾を選びますか?近くて一人で行けるから、仲のいい友達が行っているから、有名な塾だからなど、さまざまな理由があるでしょう。でも、そういう条件だけで通う塾を決める前に、知って欲しいことがあります。 それは、塾はどこに行っても同じではないということです。授業形態にも、内容にも、塾によって大きな違いがあるんです。

そこでこのブログでは、塾によってどのような違いがあるのかを見ていくことによって、お子さんに合った塾選びをするポイントを紹介したいと思っています。

塾による違いとして注目してもらいたいことは、大きく分けて二つあります。まず一つは、集団授業の塾か、それとも個別授業の塾かということです。集団授業の塾の場合、学校の授業をイメージしてもらったらわかりやすいと思います。先生が前に立ち、そのクラスの生徒さんに向かって授業をするという形で運営されるものですね。

それから、個別授業の場合、塾によって設定人数に違いはありますが、例えば最大で先生一人に対して生徒三人までなどといったような決まりがあり、先生が子どもひとりひとりについて勉強を見るというやり方で運営されます。その中間として少人数制の塾もありますが、この場合は集団授業の場合と同じように、授業形式で行われることが多いようです。ただ、人数が少ない分集団授業の場合よりも目が行き届きやすい点が違います。

そして、次が授業内容に関する違いです。まず大きく分けて、学校の内容に沿った形で勉強するのか、それとも将来の受験に備えて学校の勉強に沿わない形で授業を進めるのかということが違います。学校の内容に合わせる場合、学校準拠の内容のテキストに従って、学校で習っている範囲の勉強をすることになります。

それに対して学校の勉強に沿わない形をとる場合、塾独自のテキストや、市販のテキストで構成がいいと思われるものを選んだものなどを使用して、学校の勉強とは違った形で授業を進めて行くことになります。

他にも、自習室が使えるかどうか、通常授業以外に質問ができるような時間が取れるのか、中学生の場合定期テスト対策をしてくれるのか、オプションの教材や講座があるのかどうかなど、細かく見て行けば違っているところはたくさんあります。

それから、授業時間も大切な条件ですね。1コマがかなり長く設定されている塾もあれば、短時間で設定されている塾もあります。授業時間を自分で選べる場合もあれば、時間割として決められていて、それに合わせて通塾する必要がある場合もあります。そのため、塾の立地条件や友達がいるかどうかなどの条件だけではなく、内容までしっかり知ってから行く塾を決める必要があるのです。

塾選びがなぜ大切なの?その理由を知って効果的に利用しよう

さて、先ほどまで、塾には主にどのような違いがあるのかについて見てきました。そこで次は、なぜ塾選びが大切なのかについて考えてみたいと思います。

みなさんはこれまでに、塾に通うようになった途端に勉強する気になった、成績が上がったと実感したりそういう話を聞いたりということはなかったでしょうか。それとは逆に、塾に行かせているのにあまり効果を感じないと思ったり、そういう話を聞いたりしたことは無いでしょうか。有名で人気がある塾だから行かせたのに、あまり成績が上がった気がしないという人もいるかもしれませんね。

それには理由があるんです。それは、塾のタイプが、通っているお子さんが求めているものだったか、そうではなかったということです。有名な塾にはもちろんそれだけの実績もノウハウもありますが、それが全てではありません。中には、そのやり方が合わないというお子さんがいても不思議ではないのです。

どんなお子さんにも合う塾というのは、残念ながら存在しません。それは、お子さんの性格も、目標としていることも違うからです。どんなにいい塾だ、実績のある塾だと言われても、その内容がお子さんの求めているものでなければ、頑張ろうという気持ちが起きませんよね。そこで、塾を選ぶということが大切になって来るのです。

せっかく塾に通うのなら、その効果を最大限に生かしたいものですよね。そのためにも、塾でどんな効果を得たいのかをよく考えてから通う塾を決めることが大切です。

学校の勉強がしっかりできるようになりたいのなら、学校準拠の塾を選ぶ必要がありますよね。逆に、学校の内容は学校の授業だけでわかるというお子さんなら、学校の予習や復習をするタイプの塾だと退屈に感じてしまいます。そういう時には塾独自の進度で進める方が興味が持てるかもしれませんよね。

しかし、そうは言っても、どうしても叶えたい目標があって、この学校に合格する力をつけたいということが決まっているのなら、そうも言っていられないので、それに向かって勉強できる授業内容の塾を選ばなければいけなくなります。

結局のところ、お子さんが最終的にどうなりたいのか、それをイメージしながら塾を選ぶ必要があるということですね。そのために勉強しているんだとわかれば、無理やりやらされている感じではなく、自分で考えながら勉強に取り組むことができます。

塾の時間は限られています。そのため、塾にさえ通っていれば成績が上がるというのではなく、そこで勉強したことをもとに家で復習(※復習の際に教材を買いましょう。教材代をケチらずに出来るだけ良いものを購入しましょう。また、どうしてもお金がない場合は即日融資してくれる金融会社で少しお金を借りるなどしてみてはいかがでしょうか?)をすることも大切です。そのためにも、何のために勉強しているのかということをお子さん自身が意識できることが必要なのです。塾はそのきっかけです。それを知った上で、お子さんに合う塾を探したいものですね。

塾選びをする意味を知ることで、より効果が得られるんです!

塾はどこに行かせていても同じような効果が出るわけではありません。寄り効果を得るためには、塾に通い始める段階でしっかり選んでおくことが必要です。

0

お子さんが行きたいと感じる塾探しのために、体験を活用しよう

塾探しをする時には、本人が行きたいと思える雰囲気の塾や授業である必要があります。それを知るために、体験授業を利用する方法もあるんですよ。

0

自宅からの距離も大切なんです!塾を選ぶ時に気をつけること

自宅から遠いことが原因で塾に遅れたり欠席が増えたりすると、効果が期待できなくなります。そのため、自宅からの距離や送迎ができるかなどの条件を考えることも大切です。

0

志望する高校によって塾選びは変わります!そのポイントとは?

志望する高校によって出題傾向や内申点をどれくらい重視するかが変わって来ますので、受けたい高校をイメージしながら塾選びをしてみましょう。

0